著者貢献と著者資格-論文に実際にどう書くか?

144419.png
論文の著者について、最近はうるさく言われるようになりました。昔はズラーっと医局の医師の名前が共著者に乗っていたりしたものですが、最近はその研究そのものにきちんと貢献していない研究者を共著者にすることは「ギフトオーサー」として問題視され、例えば「教授として研究室を主催しているから、という条件だけで共著者にするのはだめ!」などと言われます。

また、実際に共著者が著者の条件を満たしているか、著者貢献を投稿時にカバーレターなどで記載するよう求めていたり、実際に論文に記載することを求めている雑誌もあったりします。

では、著者の条件(Authorship: 著者資格、Author Contributions: 著者貢献)とは一体なんでしょう。現時点(2019年5月)で国際的な論文雑誌で広く用いられているのが、ICMJEの推奨です。

ICMJE | Recommendations | Defining the Role of Authors and Contributors

Authorship confers credit and has important academic, social, and financial implications. Authorship also implies responsibility and accountability for published work. The following recommendations are intended to ensure that contributors who have made substantive intellectual contributions to a paper are given credit as authors, but also that contributors credited as authors understand their role in taking responsibility and being accountable for what is published.


今回、論文投稿にあたり、著者貢献の記載を色々考えたので、それについてまとめてみました。


スポンサーリンク


ICMJEの著者資格

では実際に上述のICMJEの推奨に記載されている著者の条件を抜粋してみます。

The ICMJE recommends that authorship be based on the following 4 criteria:
  • Substantial contributions to the conception or design of the work; or the acquisition, analysis, or interpretation of data for the work; AND
  • Drafting the work or revising it critically for important intellectual content; AND
  • Final approval of the version to be published; AND
  • Agreement to be accountable for all aspects of the work in ensuring that questions related to the accuracy or integrity of any part of the work are appropriately investigated and resolved.

簡単にまとめると、以下の4つの条件を全て満たすのが著者、ということになります。

  1. 研究のコンセプトやデザイン、または研究データの収集や解析、解釈に十分貢献している
  2. 論文の重要な知的な内容について、執筆、修正を十分に行なっている
  3. 発表原稿について最終的な承認をしている
  4. その論文のいかなる部分に対する正確性や整合性に関連した疑問を適切に調査し、解決することを保証することで、論文の全ての側面に責任を持つことに同意する

ということで、実際にこの4条件を全て満たす、と限定すると、著者に当たる人数はそれなりに絞られてきます。

条件3,4は、カバーレターで必ず記載するお決まりの文句ですね。

では、この基準を満たさないが論文にある程度の貢献をした人(Non-Author Contributor)はどうすればいいのでしょうか?例えば研究費を調達していたり、知的な内容の校正ではなく英語校正をしてくれた、というような人たちです。それはAcknowledgements(謝辞)に記載すべき、ということになります。

医学論文での著者貢献表記の実例:Lancetの場合

実際の論文雑誌の投稿規定ではどうなっているでしょうか。例えばLancetの投稿規定を見てみましょう。ここで紹介されているGuidelines for Authors PDFでは、"Authors and contributors"という項目で、"Designated authors should meet all four criteria for authorship in the ICMJE Recommendations"とICMJE推奨の著者資格の4基準を著者が満たしていることを著者の条件とし、全員の署名を要すると明記しています。

そんなわけで、実際にLancetの論文から、Contributorsに関する記載を見てみます。Pubmedで"("Lancet"[Journal]) AND dementia[Title/Abstract] "で検索し、Free full textに該当するものを抽出したところ、トップで引っかかったのは次の論文でした。

Screening in the community to reduce fractures in older women (SCOOP): a randomised controlled trial. - PubMed - NCBI

Lancet. 2018 Feb 24;391(10122):741-747. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32640-5. Epub 2017 Dec 16. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't


この論文より、Contributorsの項を抜粋します。

Contributors EL was responsible for the organisation and coordination of the trial. LS was the chief investigator and also responsible for the data analysis. LS, CC, SC, RF-S-K, NG, IH, AHe, RH, AHo, JK, TM, TO, TP, DTo, and EM developed the trial design. All authors contributed to the writing of the final manuscript. All members of the SCOOP Study Team contributed to the management or administration of the trial.

これをみてみると、前半で主要なメンバーに関して、条件1に関連して特にこのような貢献があると明記している一方で、後半の"All authors contributed to the writing of the final manuscript."は全員が条件2を、"All members of the SCOOP Study Team contributed to the management or administration of the trial."は全員が条件1を、それぞれ満たしていることを記載しています。この後半の2文は著者資格の記載の上で保険的な役割を果たしそうです。条件3,4については当然ということなのか、記載はありません。

著者以外の貢献者について、Acknowledgementsに記載されています。

Acknowledgments
This study was jointly funded by Arthritis Research UK (formerly the Arthritis Research Campaign) and the UK Medical Research Council. NR’s time is supported by the National Institute for Health Research Collaboration for Leadership in Applied Health Research and Care West (NIHR CLAHRC West) at University Hospitals Bristol NHS Foundation Trust. The SCOOP study was designed and done with substantial input from the Norwich Clinical Trials Unit, UK, particularly the construction of the study database and provision of online randomisation (completedby Tony Dyer). We thank Margaret McWilliams and Ann Pulford, the study’s public and patient involvement representatives, for invaluable advice and support, and our trial steering committee and data monitoring committee.

なるほどな、と思ったのは、RCTのような介入研究では研究の質を担保するためにモニタリングや監査を実施しますが、モニタリング委員にも謝辞を述べています。観察研究しかしたことがなかったので、私も頭から抜けていました。

医学論文での著者貢献表記の実例:PLoS Oneの場合

Lancetほどの一流雑誌以外でも少しみてみましょう。例えばPLoS Oneなんかは、オープンジャーナルの先駆け的な雑誌で、投稿論文に関連した全データを提出させたりと、結構そういう面でしっかりしているイメージがあります。PLoS Oneの投稿規定をみてみると、Additional InformationのRequired statementsとしてAuthorshipをあげており、"The ICMJE lists four conditions for authorship credit. Authors must meet all four conditions in order to be listed."とICMJE推奨を満たすことと明記され、細かくContributors Roleを記載するよう求めています。

実際にPLoS Oneの論文を見てみましょう。("PLoS One"[Journal]) AND dementia[Title/Abstract] でPubmed検索し、Free full textに該当するものを抽出したところ、トップで引っかかったのは次の論文でした。

Distinguishing and phenotype monitoring of traumatic brain injury and post-concussion syndrome including chronic migraine in serum of Iraq and Afghanistan war veterans

Traumatic Brain Injury (TBI) and persistent post-concussion syndrome (PCS) including chronic migraine (CM) are major health issues for civilians and the military. It is important to understand underlying biochemical mechanisms of these conditions, and be able to monitor them in an accurate and minimally invasive manner.



この中でのauthor contributionsの記載を引用します。

Author Contributions
Conceptualization: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Data curation: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Formal analysis: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, James R. Couch.
Funding acquisition: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, James R. Couch.
Investigation: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Methodology: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Project administration: Jay S. Hanas, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Resources: Jay S. Hanas, Megan R. Lerner, James R. Couch. Software: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker.
Supervision: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Validation: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker.
Visualization: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, James R. Couch.
Writing – original draft: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.
Writing – review & editing: Jay S. Hanas, James R. S. Hocker, Megan R. Lerner, James R. Couch.

やはり先述の条件3, 4は全員満たしているのが当たり前なので書いていないのでしょう。条件1,2に関して、個別に著者を挙げていく形がとられています。このような記載についても、先に挙げた投稿規定で示されています。

ちなみに同論文ではAcknowledgementsで、患者や著者以外の貢献者、研究費について以下のように謝辞を記載しています。

Acknowledgments We gratefully thank the patients for their willing participation in this study. We thank the Administrative Staff of the Departments of Neurology at The University of Oklahoma College of Medicine and the Oklahoma City Veterans Administration Hospital, April Davis, Blair Apple, and Chanel Seraphin. We thank the Nursing Staff at the Oklahoma City Veterans Administration Hospital for the blood draws. We thank Jane Hanas for critically reading the manuscript. This study was supported by a grant from the Department of Defense (W81XWH-16-1-0295, Principal Investigator, J. Couch, co- Principal Investigator, J. Hanas), and the Veterans Administration Research and Education Fund (829-VREF, Principal Investigator, J. Hanas, co- Principal Investigator, J. Couch). Patient protocols were reviewed and approved by a Human Subjects Institutional Review Board (IRB) at the University of Oklahoma Health Sciences Center and the Oklahoma City, VA Hospital.

研究に参加した患者にも謝辞を述べているのは参考になります。

著者貢献の書き方まとめ

ということで、実際にLancetとPLoS Oneの著者貢献の記載を見てみましたが、「著者貢献の記載の仕方は雑誌の投稿規定による」ということがわかりました。

ただ、実際にはPLoS Oneのような記載の仕方を細かく指定している雑誌は少なく、投稿規定を見ると、「著者はICJMEの推奨を満たしていること、著者貢献を記載すること」という程度の指定しかないことが多いです。

なので、基本的にはICJME推奨に合わせて、

  1. conceptionやdesign、data analysisについては誰が行ったか個別に記載(この辺りは流石に1st authorやコレスポくらいがやっている、というのが実際でしょう)
  2. その他のメンバーは少なくともdata acquisitionやinterpretationをしていることを記載(以上で全員が条件1を満たしていることを記載)
  3. Draftingは1st author(やせいぜい+コレスポくらいまでが現実)が行ったことを記載
  4. その他の著者は原稿のrevisionを行ったことを記載(以上で全員が条件2を満たしていることを記載)
  5. 全員が条件3,4を記載していることを記載

というのが現実的な気がします。今回実例としてみた論文では条件3,4について記載はありませんでしたが、条件3,4のところについては、ICJME推奨の文面をそのまま使って、

All autors approved the manuscript to be published, and agree to be accountable for all aspects of the work in ensuring that questions related to the accuracy or integrity of any part of the work are appropriately investigated and resolved.

とすれば問題ないでしょう。


スポンサーリンク



人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

スポンサーリンク