Excelで回帰直線つき散布図を作る

相関解析の結果などを視覚的にわかりやすく提示する際に、散布図だけでなく、回帰直線を添えたいと思うことは多いかと思います。今回はエクセルで回帰直線つき散布図を作る方法です。以下の3つの手順でまとめます。

1.散布図の作成
2.軸ラベルの追加
3.回帰直線の追加

1.散布図の作成

まずは散布図を作りましょう。データは例のごとく、相関解析の例に使っている私のiPhoneによる歩行データです。今回は1か月分のデータを利用します。

1-1.散布図を作りたいデータをマウスでドラッグして選択
図1.jpg

1-2.ツールバーの「グラフ」タブから「散布図」をクリック。
図2.jpg

1-3.凡例は不要なので削除、グラフタイトルを適宜設定します。
図3.jpg

これでひとまず散布図ができましたが、縦軸と横軸が何を表しているかがわかりません。なので次は軸ラベルを挿入します。

2.軸ラベルの追加

2-1.できたグラフを選択すると、ツールバーに「グラフ レイアウト」が現れるのでクリックし、メニューの「軸ラベル」をクリック。
図4.jpg

2-2.横軸ラベル、縦軸ラベルでそれぞれ表示したいラベルを選択し、軸ラベルフィールドを追加。(縦軸ラベルは軸ラベルを回転がオススメ)
図5.jpg

2-3.軸ラベルを選択した状態で、数式バーで「=」を入力した後、その軸ラベルに表示したいタイトルが記入されているセルを選択し、enterキーを押す。今回は横軸ラベルには「歩数」と書いているB1セルを、縦軸ラベルには「距離」と書いてあるC1セルを選択。
図6.jpg
*軸ラベルを直接編集してもいいですが、このようにセルを参照する形式にしておけば、変数名を変更する必要が出た時に、セルを修正するだけで済むので便利です。

これで、軸ラベルも整った散布図が作成できました。
図7.jpg

参考:グラフに軸タイトルを追加する

回帰直線の追加

3-1.グラフを選択した状態で、ツールバー「グラフ レイアウト」のメニューにある「近似曲線」をクリックし、「線形近似曲線」を選択します。
図8.jpg

これでひとまず回帰直線も表示できましたが、せっかくなのでここに回帰式も追加しましょう。

3-2.ツールバー「グラフ レイアウト」の「近似曲線」をクリックし、一番下の「近似曲線のオプション」をクリック。

3-3.「近似曲線のオプション」ウインドウが出るので、左の欄から「オプション」を選択し、下方の「グラフに数式を表示する」のチェックボックスをチェックして、「OK」をクリックする。
図10.jpg

3-4.最後に、回帰直線を追加してまた出てきた凡例を削除

これで、下図のような、数式付き回帰直線付き散布図の完成です。
図11.jpg

良いプレゼンにはわかりやすい図がある

良いプレゼンテーションは、聞き手にわかりやすいように、可能な範囲で図を多く用いるなど、内容を可視化することが重要になります。文章よりも表、表よりも図、と言われます(と書いていて、このブログはテキストが圧倒的に多いことに気づきました)。学会発表でなどで、相関解析の結果を相関係数とp値の羅列で述べるよりは、このように散布図に回帰直線を添えて提示した方が圧倒的にわかりやすくなります。可能な範囲ではこのような図を積極的に用いたいですね。

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク