MMSEの原著を読んでみる

認知機能障害といえばMMSE、と言うほど、認知症に限らず認知機能を評価する場面では、臨床・研究問わずMMSEが使われます。その原典となるのが、1975年にJ Psychiatr Resから発表された、次の論文です。 "Mini-mental state": A practical method for grading the cognitive state of patients for the cliniciannull どれくらい使われているか、Google Scholarで被引用数を見てみると、 なんと被引用数79292!!(2019年5月時点) ここまで汎用されているMMSE、臨床でも「認知症のスクリーニング検査」としてそこら中で日々使われているわけですが、発表から44年が経ち、きちんと原典を読んで使っている方は少ないかと思いますし、どのような対象からどのように認知機能障害を抽出することを目的とした検査なのか正確に把握している人も意外といないのでは、と日常臨床で感じています。 そこで今回はこの原典をぼっちで見てみたいと思います。 目次 背景:高齢者の認知機能を短時間で評価したい MMSEの内容 方法:対象に認知症は意外と少ない 結果:本論文の認知症患者はMMSE10点程度とかなり進行期 読んでみての雑感 スポンサーリンク …

続きを読む

スポンサーリンク