著者貢献と著者資格-論文に実際にどう書くか?

論文の著者について、最近はうるさく言われるようになりました。昔はズラーっと医局の医師の名前が共著者に乗っていたりしたものですが、最近はその研究そのものにきちんと貢献していない研究者を共著者にすることは「ギフトオーサー」として問題視され、例えば「教授として研究室を主催しているから、という条件だけで共著者にするのはだめ!」などと言われます。 また、実際に共著者が著者の条件を満たしているか、著者貢献を投稿時にカバーレターなどで記載するよう求めていたり、実際に論文に記載することを求めている雑誌もあったりします。 では、著者の条件(Authorship: 著者資格、Author Contributions: 著者貢献)とは一体なんでしょう。現時点(2019年5月)で国際的な論文雑誌で広く用いられているのが、ICMJEの推奨です。 ICMJE | Recommendations | Defining the Role of Authors and ContributorsAuthorship confers credit and has important academic, social, and financial implications. Authorship also implies responsibility and accountability for published work. The following recommendations are in…

続きを読む

ダイエット結果発表!(2019年1月〜4月のランログ)

2019年初よりダイエットを続けてきました。当初のきっかけと目標、手段は以下の通りです。 きっかけ BMIがとうとう24を超えた 体脂肪率も24%を超えた 子供の運動量が増えるとともに、できるだけ長く子供と一緒に活動できる能力を維持向上したい そもそも子供ができて、健康寿命を延ばしたいと感じるようになった 見た目がなんか見苦しくなってきた 目標 4月末までに結果を出す BMI22を切る 体脂肪率18%を切る 方法 有酸素運動、主にランニングを週3回する 食事は多少炭水化物は減らけど、量は減らさない ダイエットを優先して子供の教育上よくないような行動はしない ということで、早速結果発表! 残念ながら、4/29時点でBMIは22.9、体脂肪率は19.9%と、目標を達成することはできませんでした。 しかし、この4ヶ月間で得たものは大きかったです。 まず、何より、目標達成はできなかったものの、BMI、体脂肪率ともに推移を見ればわかるように確実に効果が出ています。このままやっていけばいいんだ、と確信を持って今のダイエットを継続できます。ちなみに、実測値では4ヶ月で体重は6kg以上落ちました! 週3日のランニング、と思ってやっていましたが、習慣がつくと週4,5回とランニングす…

続きを読む

スポンサーリンク