検査の信頼性の評価

級内相関係数と一致係数の使い分け ある検査の信頼性を評価するには、その検査の結果がどのような数値を取るか、評価者内での再現性と評価者間の信頼性のどちらを評価したいのかで、用いる検定が変わってきます。 検査の結果が取る数値が 連続尺度・・・エーベルの級内相関係数:ICC(Ebel's intraclass correlation coefficient)順序尺度・・・ケンドールの一致係数…

続きを読む

スポンサードリンク