論文作成Tips メニュー

論文の投稿先 精神科の症例報告を掲載する英文ジャーナル-妄想性障害の場合 論文の下準備 論文執筆への意識改革 PubMedの活用:検索結果リストのダウンロード等 文献管理、reference作成ソフト・Mendeley 論文の書き方 論文原稿の書式設定雑論 Wordの用紙の向きを途中で変更する -ハイフン、−マイナス、–ダッシュ howeverとbut-長い複文を分割して分かりやすくする 統計結果の書き方(ガイドライン) Figureの書き方、Power Pointの使い方 figure作成における大きさと解像度 パワポを使って高解像度figureを作成する エラーバー付き棒グラフをエクセルで作る@Excel for Mac Version 16 エラーバー付き棒グラフをエクセルで作る(旧Excel for Mac版) Excelで回帰直線つき散布図を作る Tableの書き方、Excelの使い方 表の脚注—脚注記号の入力など SPSSの統計解析結果からExcelでテーブルを作成 エクセルの数値を指定桁数の文字列に変換 エクセルで特定IDのデータを抽出(サブグループ解析の準備) Excelのピボットテーブルを使ってデータ集計する Mac Tips 数学記号の入力方法 Macでスクリーンショットを撮る 便利な外部サイト Index Medicus検索 海外医学雑誌投…

続きを読む

エラーバー付き棒グラフをエクセルで作る

Excel for Macのバージョンアップに合わせて、新しい記事を投稿しました。 統計解析結果のグラフでは、平均値に標準偏差を一緒に表したエラーバー付きの棒グラフが用いられることが頻繁にあります。そんなエラーバーをエクセルで作ったグラフに表示する方法をまとめます。 目標はこんなグラフを作ることです。 目次 普通にグラフを作る エラーバーの範囲(誤差範囲)を設定 95%信頼区間や四分位点にも応用可能 自分の歩行データを眺めてみて 関連記事 スポンサーリンク 普通にグラフを作る まずはデータの準備です。今回は、以前紹介したiPhoneのヘルスケアアプリからエクスポートした私の歩行データを用いたいと思います。 1ヶ月間の一日あたりの歩数データについて、曜日ごとに平均・標準偏差を計算し、下の図のように表にしておきます。なお、平均や標準偏差などの記述統計量をエクセルで求める方法は、以前紹介した通りです。 この中から、まずは平均値と曜日名のセルだけ選んで、普通に棒グラフを作ります。 エラーバーの範囲(誤差範囲)を設定 できたグラフをクリックすると、「グラフレイアウト」メニューが出てくるので、それをクリック。「誤差範囲」をクリックして、プルダウンされた中から「誤差範囲のオプション」を選びましょう。 出てきたウインドウ…

続きを読む

Macでスクリーンショットを撮る方法

Macでスクリーンショットを撮る方法についてまとめ。 Macデフォルトのスクリーンショットのショートカットキー スクリーンショットの撮り方で、3つのショートカットキーがあります。 ショートカットキースクショ範囲[command] + [shift] + [3]画面全体[command] + [shift] + [4]その後ドラッグした範囲[command] + [shift] + [4] + [space]その後クリックしたウインドウ ショートカットキーを押した後、「パシャ」っとカメラのシャッター音がなり、デスクトップにpdfファイルとして保存されます。 アプリでスクリーンショット スクリーンショットが撮れるアプリは幾つかありますが、手軽でevernoteとの連携も取れるので、私が使っているのはこれ。 Skitch - 撮る。描き込む。共有する カテゴリ: 仕事効率化価格: 無料 Windows版に比べると、Mac版は多少仕様に不満はありますが、上記のショートカットキーでのスクショと併用して、大きな問題は感じません。 スクリーンショットを使う? 直接研究にスクリーンショットが役立つ場面は今の所あまりありませんが、自分のPC上で起こっていることを、その場にいない相手に簡単に伝える方法として、時折使うことがあります。 私の場合は、1つはこのブログの画像素材を作る際や、他の先生にソフトウェアの使い方を伝える際に用いることがあります。

続きを読む

-ハイフン、−マイナス、–ダッシュ

以前、実は使い方が違う、と言っていた、-、−、-、—の使い分けについて。 記号名前入力方法-ハイフン「-」−マイナス文字ビューワ–enダッシュ「Option」 + 「-」—emダッシュ「Shift」 + 「Option」 + 「-」-ハイフン マイナス文字ビューワ 特にハイフン"-"をマイナス記号の代わりに使ってしまいがちですが、マイナスは"−"です。 もうすでに自分で何を書いているのかわからなくなってきました。 複数の単語から1つの語(特に形容詞)を作る—ハイフン これは以前にも書きましたが、ハイフンは複数の単語を連結して1つの語を作ることができます。 特に頻繁に見られるのが、患者の数を表す場合。 Twenty-one patients21人の患者 形容詞的なもの以外に、こんなものも。 hysterosalpingo-oophorectomy子宮卵管卵巣摘除術 この単語(??)は子宮(hystero)、卵管(salpingo)、卵巣(oophor)、切除術(ectomy)を組み合わせてできてるようですが、salpingoとoophorをそのままくっつけると、salpingooophorとoが3つも連続する訳がわからないことになるので、-で連結しているようです。 もっとも、ハイフンをかましても、私には訳がわからないですが・・・。 文末に句や節を追加する—emダッシュ このタイトルそのものがemダッシュの正しい使い方のようです。 例えばこんな感じで…

続きを読む

論文執筆への意識改革—できる研究者の論文生産術

今回は最近読んだ一冊の本を紹介したいと思います。著者は心理学者であり、例として心理学系の研究や論文執筆についてあげていますが、全ての大学院生・研究者に役立つ本ではないか、と思う、オススメの一冊です。研究者を目指すのであれば、早いうちに一読し、意識を改革しておくといいのでは、と思いました。それが、「できる研究者の論文生産術 How to Write a Lot」です。 できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)posted with ヨメレバポール.J・シルヴィア 講談社 2015-04-08 AmazonKindle楽天ブックス 私が所属する教室では、大学院生の一番の仕事である研究は、共同研究でない限りは指導教官のチェックはそこまで厳しくないため締め切りがなく、怠惰に過ごしていると大した成果を出せず時間が経過してしまうことがあります。かくいう私も、最初の1年目はほとんど何の進捗もなく、2年目に後輩として入ってきた大学院生と一緒に研究を始めたような側面があります。もちろん、1年間研究室に所属していたので、その分の経験で私の方が早く進むのですが、それにしても、という感じでした。元々自堕落な性格なので、このような事態になることは当然の結果なのですが、これではいけないと、自分の中で締め切りとノルマを作り、研究をしていました。 締め切り作りで最も便利だったのは、学会…

続きを読む

睡眠薬と転倒リスク

以前、転倒・骨折のリスクファクターと予防についてまとめましたが、その際、医師として一番注意すべき点についてスルーしました。 薬剤による転倒リスクです。 医師として転倒のリスクファクターの中でいつも心に留めているのが、薬剤です。特に精神科医としては、向精神薬が薬剤の中でも大きなリスクファクターであることを注意しています。その中でも最も転倒の原因として頻度の高いのが、睡眠薬(及び抗不安薬)です。今回はそんな睡眠薬と転倒について。 睡眠薬の種類—ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬の種類は、現在主に処方されているものでいうと、 ベンゾジアゼピン系(BZD)非ベンゾジアゼピン系(Zドラッグ)ラメルテオン、スボレキサント と非常にざっくりですが分けることができます。 BZDはGABAA受容体におけるGABAの作用を高め、鎮静、催眠、抗不安、抗けいれん、筋弛緩作用をもたらします。そのバランスの違いから、睡眠薬として分類されるBZDもあれば、抗不安薬、抗けいれん薬として使われるBZDもあるわけです。 ZドラッグもBZD同様にGABAA受容体に作用しますが、作用する受容体の選択性が高く、BZDと比較して、抗不安作用が少なく、依存・離脱も軽いという特性があります。 ラメルテオンとスボレキサントは、それぞれメラトニン、オレキシンと言った睡眠覚醒周期と関連した脳内物質の受容体に作用することで睡眠導入を行う、新しい機序の薬剤になります。 この他、BZDができるま…

続きを読む

スポンサーリンク