エクセルの数値を指定した桁数の文字列に変換

以前、SPSSの結果から論文用にテーブルを作る際、エクセルの数値を指定した桁数に変換するためにこれまでround関数を用いていた話をしました。 しかし、この関数自体は数値を返す関数なので、例えば少数第2位を四捨五入して少数第1位まで求めたい際に、少数第1位が0になってしまうと、末尾の0は消えてしまい、整数部分しか表示されません。 B2のセルをround関数で少数第2位が四捨五入され、少数…

続きを読む

Wordの用紙の向きを途中で変更する

論文を投稿する際、Wordの原稿中にテーブルを挿入するよう指定されることが多いと思います。原稿そのものは用紙を縦に設定して書きますが、縦の用紙だと横幅が短すぎて、横長のテーブルが収まらないことがあります。そのような時は、テーブルを挿入するページのみ用紙を横に設定する必要があります。 このように途中のページだけ用紙を横に設定し、その後また元の縦に設定し直す必要が出てくる。 このためにするこ…

続きを読む

数学記号の入力方法

数学記号の入力は結構面倒。 エクセルとかでは掛け算は*にしますし、「かける」や「ばつ」を変換した×はおそらく2バイト文字になるはずなので、英語論文では使えません…。いろいろ調べてみたのですが、Macで通常のフォントで1バイトの×は、テンキーがついている場合はできるようですが、そうでなければギリシャ文字と同様、Symbolフォントで書く必要があります。 数学記号をキーボード入力する…

続きを読む

論文原稿の書式設定雑論

論文原稿の書式設定も雑誌によっていろいろ違いますが、よく使われる用語がわかりづらく、調べることが多々ありました。投稿規定を英語で読むのはなかなかしんどいなぁといつも思います。 ダブルスペース: double-spaced 投稿規定を見ていると、「double-spaced」という記述を見かけます。行間を1行分開けることで、基本的には「行間:2行」のことのようです。ですが、日本語ワ…

続きを読む

転倒・骨折のリスクファクターと予防

高齢者を診療していて、転倒などに伴う下肢の骨折を契機にADLががくんと落ちてしまうことを何度か経験しています。最近患者さんではないのですが、身近な知人で肋骨骨折、脛骨骨折が立て続けにあり、ますます転倒・骨折予防が気にかかってきたので、とりあえずまとめ。 骨折の主要原因・転倒—ADL低下や介護負担、死亡の原因にも 骨折の主要な原因は、その部位によらず転倒です。さらに、全転倒の5-10%に何…

続きを読む

阪神大震災のとき精神科医は何を考え、どのように行動したか

熊本で地震が起こり、数日が過ぎました。 被災された方は余震の続く中、心細い時間を過ごされていることと思います。 同規模の地震では、余震の数が過去最高のペースだとか・・・。 http://www.j-cast.com/2016/04/17264319.html 被災者の皆様の無事を祈ります。 医療関係者としては、DMAT(災害時派遣医療チーム)の一員として救急医の知人が現地に派遣され…

続きを読む

パワポを使って高解像度figureを作成する

前回(figure作成における大きさと解像度)の続き。 figure作成のツールとして何を使うかは人それぞれかと思います。私はmacを使っていますが、基本的にはpixel matorというソフトを中心に作成しています。ただ、フローチャートを書く際はPower Point(パワポ)の方が何かと楽だと感じることがあるので、パワポを利用しています。なので、個人的には、パワポで作成した図を、そのままパ…

続きを読む

figure作成における大きさと解像度

先日、後輩の先生に、論文のfigureは何を使って描いているか聞かれました。その際、投稿規定に指定されている「600dpi」という言葉がよくわからなかったようで、dpiについての話になりました。そのことがきっかけで、私自身も自分のfigure作成法を見直してみました。 画像の大きさと解像度 画像ファイルを作成する際に、意識していないのが大きさと解像度です。 まず、解像度とは、どれくらい…

続きを読む

出先でエクセルで簡単な統計解析を行う

統計解析にはSPSSを使っていますが、研究室のデスクトップにインストールされているものを使っています。 そのPCが諸事情で使えないときに、不意に何か閃いて簡単な統計解析で自分の発想が正しいかを確認したくなるときが往々にしてあり、以前はその度に歯がゆい思いをしていました。 最近、そんなときはとりあえずエクセル関数で統計解析を行えばいいじゃん、と思うようになりました。 あくまでSPSS…

続きを読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査—案外痛い簡易検査、自覚症状と客観的検査の乖離

少し前からイビキがひどく、寝起きに頭痛がしたり、日中眠気がひどいので、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と思い、先日とうとうパルソックスを夜につけてみました。 パルソックスとは、一晩寝ている間、ずっと血中酸素飽和濃度を測定することで、SASを見つける簡易検査です。 指に経皮的に動脈血酸素飽和濃度(SpO2)を調べるのですが、そのためのクリップを一晩指につけ続けるので、指の締め付けが結構きつくて…

続きを読む

スポンサードリンク